ビューホット 手汗

ビューホットは手汗治療に有効か

ビューホット手汗

  • 手汗でパソコンのキーボードやマウスがビチョビチョになる。
  • スマホが反応しない
  • 手汗が気になって手をつないだり、握手が出来ない。

 

手汗で悩む方は結構深刻です。

 

ビューホットはそんな手汗に悩む人にとって最近注目を浴びている多汗症の治療方法で、専用機器で皮膚を切らずに汗腺(皮膚の下にある汗が出てくる元)を破壊していく方法です。

 

ビューホットは手汗だけじゃなくて脇汗、脇汗が原因となるワキガ治療としても最近は注目を浴びている治療方法です。

 

ただ、

 

手汗に悩むあなたが手汗対策としてビューホットが一番良いわけでもはありません!

 

手汗の原因は色々あるし、あなたがどれくらい手汗(手汗レベル)で悩んでいて今までどんな手汗対策をしてきたかということも重要です。

 

このサイトではビューホットのメリットデメリットやビューホットを受けた人の体験談をまとめています。
また、ビューホット以外の手汗対策も紹介しているので参考にしてください。

 

ビューホットって多汗症治療で最近有名だけどどんな治療法?

ビューホットは手汗をはじめとする多汗症治療で最近注目を浴びています。

 

下の動画のように、ビューホットでの治療は切らずに多汗症治療を行う方法です。
治療用の専用機器にある細い針が汗腺を破壊していきます。

 

ビューホットの実際の解説&治療動画があるのでまずはコチラをご覧ください。(脇汗治療の動画ですが手汗も同じです)
手汗対策にビューホットをする場合は手にこの処置をしていくことになります。

 

 

 

今までの多汗症治療では皮膚を切って汗腺を取り除くという方法等ありましたが、皮膚を切らない手術というイメージが強いですね。

 

ビューホットでの手汗治療だったら、切らないし、痛くなさそうだし良さそう!
と思うかもしれませんが、もうちょっと待ってください。

 

ビューホットで手汗治療するメリットデメリット

ビューホットにはもちろんメリットがありますが、デメリットもあります。
このビューホットのメリットとデメリットをしっかりと抑えていただくことが重要です!

 

ビューホット治療跡

 

ビューホットで手汗治療するメリット

 

ビューホットで手汗治療、多汗症治療するメリットは一言でいえば切らない手術!
手術という言葉が適切かどうかはおいておいてそんなイメージでとらえていただければと思います。

 

切らない

ビューホットは高周波の極細針を装着したカートリッジを皮膚の上から当てるだけですので
ワキの下を切らずにワキガ・多汗症治療が行えます。

 

治療が早い

30分以内に終わりところがほとんどです。

 

跡が残らない

皮膚を切るわけではないので後に残りません。
またETS手術のような危険性はかなり低いといわれてます。

 

 

ビューホットで手汗治療するデメリット

 

ビューホットで手汗治療するデメリット、これが重要です。

 

ビューホット関連のサイトを見るとメリットばかり書いているので中々ビューホットのデメリットが伝わりません。
だから、ビューホットを受けて「こんなはずじゃなかった…」なんてならないようにして下さいね。

 

治療費が高い!

ビューホットは保険適用対象外なので結構な費用になります。
大体30万円前後はすると思ってください。

 

詳しくはこのサイトのビューホットの費用で解説してます。

 

 

別の汗腺を刺激する可能性がある

ビューホットで汗腺を破壊したとしても、完璧じゃありません。

 

治療してくれるお医者さんは出来るだけ完璧に汗腺を破壊するよう治療してくれるでしょうが、生き残った汗腺に刺激を与えて活発になる可能性だってあります。
これはETS手術でも同じことが言えます。

 

 

治療跡と痛みは結構続く…

ビューホット治療を受けた後、しばらくは治療の跡や痛みが残ると思ってください。

 

ビューホット治療の跡は最初赤いブツブツでそのあと白っぽい膿のような跡になり、人によっては手の皮がボロボロむけてくるっていうこともあります。

 

大体1か月は跡が残ると思った方がいいですね。

 

また、ビューホットを受けた後の痛みですが、手なので握ったりする行為の際にかなりの痛みが走ります。

 

  • ハンドルを握る最には痛みが走ります。
  • ペンを握るのに痛みが走ります。
  • キーボードをたたくのも痛くて苦痛です。

 

脇でも痛いですが、手は生活するうえでよく使う部分なので痛みを感じる機会が頻繁にあります。

 

特に最初の数日間はかなり痛いので仕事している方はあらかじめお休みいただくことをおススメします。

 

効果は半分くらい

手汗レベル3の人(手を握らなくても手汗がポタポタ落ちてしまうレベル)の人が治療を受けた場合、その効果は今までの半分くらいで完璧に手汗が治るわけではないとのことです。

 

 

以上、ビューホットのメリットとデメリットでした。

ビューホットの手汗治療ははこんな人におススメ

手汗レベルには1〜3とあって、

 

  • 1が手が湿っている程度。
  • 2が手を握っていると手汗がポタポタ落ちる。
  • 3が手を握らなくても手汗がポタポタ落ちる。

 

と分けることが出来ますが、手汗レベル1〜2の人はまずビューホットを受ける必要はないでしょう。

 

今は手汗を抑える評判の高いクリームやパウダーが色々あります。
大金出して、痛みをこらえて、必ず完治するかどうかわからない治療をする必要はありません!

 

 

 

個人的にはビューホットのデメリットがかなり大きいかと思いますが、こんな人はビューホットの手汗治療が有効かもしれません。

 

手汗レベル3(つまり、手を握らなくても手汗がポタポタ落ちる)で、
今まで手汗対策としてボトックス注射をうったり、手汗パウダーを使ったり、
手術系以外の全てを試したけど手汗があまり改善されなかったという人。

 

こんな人は手汗ビューホットを試されてもよいかと思います。

ビューホットと手汗治療のまとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます。
あなたがビューホットで手汗治療を検討していて参考になったのなら幸いです。

 

色々書きましたが、あなたの手汗対策として、ビューホットは最終手段として取っておくことをおススメします。

 

 

結局は手汗が改善されれば、いや手汗で困ることが改善されれば良いと思ってます。

 

 

それがビューホットやETS手術のように汗腺を破壊する方法なのか、
手汗をかいて困るときだけ対応できる手汗パウダーがあればよいのか

 

人それぞれです。

 

手汗の原因はまだ完全に解明できておりません。

 

手汗は精神的なことや食生活にも関係するといわれているので、手汗対策のクリームやパウダーなどを使いながら少しずつ手汗を改善していくのがおススメです。

ビューホットの前に試したい!おススメの手汗対策クリーム&パウダー

あなたがまだそれほど手汗対策をしていないのであれば痛みがなくそれほど費用が掛からない方法から始めるのがおススメです。

レベル1〜2であれば手汗クリームや手汗パウダーで十分かと思いますね。
手汗レベル3でも今は手汗専用でかなり評判の高いクリームやパウダーがあるので十分手汗対策は出来ますよ。

おススメは人気と実績があり、返金保証もついていて金銭的なリスクなく試せるものです。

手汗対策は実質この2択!!


手汗対策クリームやパウダーは色々ありますが、利用者の評判やリピート率からテサラン(手汗対策クリーム)ファリネ(手汗対策パウダー)のどちらかですね。


テサランとファリネに順位をつけるとしたら
テサランとファリネはともに手汗対策としては人気があってリピート率も高いのですが、私があえて順位をつけるとしたら、
  1. 利用者の多さ
  2. 365日の返金保証がある、
  3. 最大72時間の制汗持続力
この3つの理由からテサランです。

テサラン

テサランは1年を通して手汗対策の人気1(楽天ランキング1位獲得)のクリームです。


テサラン

テサランのクロルヒドロアルミニウムという成分が肌に膜を張って汗を抑えます。
手汗レベル2までであればおススメです!

楽天ランキング、Amazonランキングで1位を獲得しましたが、365日返金保証は公式サイトだけなので公式サイトからの購入がお得ですね。

定期購入、単品購入のプランがありますがどちらのプランでも365日返金保証が有効です。





ファリネ

ファリネも手汗対策として有名な手汗対策パウダーです。





ファリネのパウダーの粉末が汗腺をふさいで手汗をブロックします。

こちらも返金保証がありますが、定期購入時の初回分のみで返金保証期間は30日間とテサランと比べるとコストリスクが少し高くなってしまいます。




 
 

 
トップ ビューホット体験談! 費用 4つの手汗対策 手汗レベル